音楽がいい、って何がいいのかしら          

子どもの情操教育にはピアノがいい、と聞きますね

脳の発達に良いとも言われています

 

そのため子どもの習い事の人気ランキングにも

必ず登場します

また高年齢のかたの脳リハビリに、

指先を動かすピアノが効果がある、と取り入れることも

 

気持ちのいい音楽を聴くことが心をおだやかにする、

懐かしい音楽を聴いて昔を思い出す、人それぞれに音楽が心にとって

良い作用をすることはよく知られています

 

ピアノを弾く、というのは

①楽譜を読む(見る)   

     ↓            

②指を動かす       

     ↓

③耳で聴く

というのがおおまかな流れです

      *①はドレミ、リズム、曲想など

       楽譜上の情報も含みます

 

どこで一番脳を使っているか、

①と②の間、なんです!!!

 

目で見た情報を指先に伝達する、

これが脳の仕事です

 

①から③をくりかえすことで、

ピアノが弾けるようになります

 

また暗譜(楽譜を見ないで演奏すること)は、更に脳を使って音楽を記憶します

 

それらを日常的にくりかえすので

ピアノの練習が脳によい、イコール子どもの習い事に最適といわれるのです